進級後の子供たちの不安定な毎日

子ども達、進級して2週間経ちました。
わんぱく坊主は2年生、娘っ子は年長になりました。

 

 

娘っ子は今まで保育園の教室に一人では行けなかったですが、
保育園の最年長と言う事もあり、
入り口でバイバイ出来るようになりました。

 

保育園生活は2歳から。
一時預かりも入れると、1歳から保育園に通っていますが、
ここまで長かった(-_-;)

ただその頑張りがお家で甘えが出ております…

とにかくよく泣く。
自我の芽生えと言えばそうなのかもしれませんが、
自分の思うようにいかないと、泣いて怒っております。

保育園での頑張りもあるのだと思います。

 

 

 

そして我が家の問題のわんぱく坊主。
どうしてよいのやら、悩んでおります…
家では、宿題を目の前にして癇癪を起し大暴れ。

 

やりたくないけどやらなきゃならない葛藤で、
物に当たり娘っ子に当たり、
宿題をするのに何時間かかるのか…。

 

母も、もう参っています…
自分事ですが仕事から帰ってきてご飯、洗濯、
そして子供たちの事でもうクタクタ。

 

 

わんぱく坊主の新学年になっての授業参観にも行きました。
授業態度を見て、不安になる母。

 

新しい学級にも関わらず、
全然集中しておらず、沢山のお母さんが見ているのに、
授業中に遊んでいる状態。
2年生でこんなんで大丈夫なのか!?
と更に不安になる母…。

 

 

 

そしてそんな子たちにイライラして怒ってばかりで
寝る前に、嫌悪感に襲われる毎日です。

 

 

子供達が新しい環境で疲れているのも分かっているつもり。
だけど自分の気持ちがまず落ち着いてないのが事実。

もっとちゃんと子供達と向き合わなくてはと思う。

一体こんな時はどうしたら良いのだろう…
スポンサーリンク



調べると、
・子供が学校の事など話せるような環境を作ってあげる。
これは子供を認めてあげる。
ちゃんと話を聞いて否定しないで受け入れてあげる事が
大切。

・そしてそこから一緒に解決する。
子供が抱えている問題を子供の目線でちゃんと考えて
あげ、ちゃんと解決できることを分かってもらう。

・イライラしていることを見守る。
今の現状をちゃんと受け止めることが大切。

・生活リズムをしっかり整える。

情緒不安定になっている原因や子供の個性により親が
どうやって対処してあげるかは様々。
また年齢によっても違います。
でも共通して言えるのは、親が子供を受け止めてあげる姿勢が
大切。その受け止めるという状態が子供を安心感を得てくれる。

 

そう書いてありました。

はい、私のやっている事は真逆の事ですよね…。

向き合う、受け入れる、見守る。

言いたいことはこの3つですよね…

ダメダメ母でこめんなさい…

もう少しおおらかな気持ちでしっかりと現状を受け止める
様にしてあげなくてはです。

働いていたら忙しい毎日なのはしょうがないけど、
ちゃんと子供と向き合う時間を作ってあげなくては!!

と思うのでした。

 スポンサーリンク






にほんブログ村



【関連記事】

娘っ子の耳は変換器

ネガティブは負を呼ぶ。わんぱく坊主の話。

息子と母の戦闘態勢。

わんぱく坊主との毎日の闘い。

子たちの進級への不安…

インフルエンザの猛威&…

進級後の子供たちの不安定な毎日” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です