産後ダイエットには骨盤を締めることが必須。

産後ダイエットでなによりもキレイに痩せる為に必須なのは、
骨盤を締めること

よく出産した病院でも骨盤ベルトを勧められたりしますよね。
私も出産後はお世話になりました。

今回は正しい骨盤ベルトの装着方法。
そして骨盤ベルトのみではなく自分でしっかりと締めるための、
運動をご紹介していきます。

 

 

そもそも、なぜ骨盤を締めなくてはならないのか。

 

妊娠中に骨盤は赤ちゃんをお腹の中で育てるために、少しずつ
ですが広がっています。
言っていみれば赤ちゃんを包んでいるゆりかごの様な役目を
してくれていました。
赤ちゃんがお腹の中で大きくなるにつれて骨盤も少しずつ広がっていきます。
その為に、腰が痛くなったり、骨盤に付属している恥骨や尾骨の
痛みも出てきてしまう人もいるのです。
そりゃ骨が動くんですもん。しかも体の真ん中の重要な奴が。
色々な所に痛みは出てきてしまいますよね。

 

そして出産してからは今度骨盤は骨盤自身で締まっていこうとします。
またなんだか骨盤さんは大変な作業に入る訳ですが、
この時に、

「骨盤自身で締まるならなにもしなくていいじゃん?」
って思いますよね?

でも、この骨盤が締まるときに毎日、猫背、片足重心、とか
しているとその状態で骨盤も締まっていくので歪みが出てきて
しまいます。更に、骨盤だけの力ではもっと締まるはずの骨盤が
締まらなかったり、まさかの全然締まらなかったなんてことも。

なので骨盤の力に頼るのではなくて自分自身でも締めていく努力を
した方がキレイに引き締まるんです。

 

 

では骨盤がキレイに締まるとどんな素敵なことがあるのか。
・下っ腹が引き締まる
・お尻も引き締まる
・そして太ももの外側も引き締まる
・そうするとスタイルバッチリ!!

 

なんせ骨盤周りがスッキリしていくんです。
分かりやすいのが骨盤が締まっていくのと一緒にズボンのサイズも
ドンドン細くなっていく!!

女子が気になる部分をかなりの割合で細くしてくれます。

ではさっそく骨盤を締めましょう。
スポンサーリンク



その1、骨盤ベルト
産後に装着している人は沢山いるのではないでしょうか?
ですが今つけている骨盤ベルトの場所、合ってますか?
よく間違っている人はお臍の下あたりに装着している人がいます。
骨盤ベルトはそこではありません。

まず骨を探してみましょう。
骨盤の位置なのですが、

ここです。これが骨盤なのです。
そして腸骨と呼ばれる一番出っ張ている骨。

この画像だと寛骨の一番飛び出ている部分。
手で触ると前か内側にボコッとした骨があると思います。
これが腸骨です。
この腸骨より下に骨盤ベルトは装着します。
そして今度は骨盤ベルトの一番下の位置を探してみましょう。

恥骨と呼ばれる、ちょうど股の真上にある骨。
触ってみると硬い骨があると思います。
その部分が骨盤ベルトの一番下の位置になります。

簡単に言うと骨盤ベルトは股のギリギリ上に付けるのが正解なんです。

この部分に装着し、骨盤を締めると言うより、
骨盤から伸びている足の骨、大転子を締めていきます。

骨盤じゃないの?
と思うかもしれませんが、
例えるなら、ノートや薄い本の両端を片手で持ちますよね?
そうするとノートは丸まって少し小さくなる。
骨盤も同じ、大転子を締めてあげる事によって骨盤も内側に入り、
小さくなり締まっていくんです。

そして骨盤ベルト色々な種類があり、太いのから細いのまで。
自分の持っているので良いです。
ただ一番下のラインを恥骨に合わせてください。
そうすると大転子を締めることが出来ます。

さて、次は装着方法です。
よく寝て腰を少し持ち上げて装着する方法がありますが、
実際産後にそんなに丁寧に骨盤ベルトを装着する余裕なんて、
無いですし、なんせめんどくさい!!

って人に立ったままちゃんと装着できる方法を伝授!

・足を閉じて足先をまっすぐしてください。
・お尻に少し力を入れ、膝を伸ばし背筋をまっすぐします。
・子の状態で骨盤ベルトを巻いて下さい。

たったこれだけ。
面倒くさいのはなし!!
ただ注意して欲しいのは骨盤がまっすぐである事。
鏡の前で体がまっすぐかどうか確認して装着すると良いと思います。

どんな時に装着するのか。
ズバリ!立っている時に巻いて下さい。
散歩の時とか、ご飯作るときとか。
で、寝る時や、リラックスしたいとき、座ってるときなんかは結構
ズレてしまいますよね。
なのではずしてOKです。
この時に着けるって決めて装着するといいですよ。

では運動や、日常でどうやって骨盤を締めていけば良いのか。

 

その2、自分の骨盤の状態を知るべし!

骨盤は日常の姿勢でかなり変化します。
普段座っている時横すわり(お姉さん座り)をしていると骨盤はどうでしょう?
傾いていますよね。なので骨盤も歪んでいきます。

では椅子に座っている状態は?
足を組んだりしていませんか?
子の状態も同じ、骨盤が歪む座り方です。

骨盤を締めたいなら正座!!
骨盤が一番まっすぐな状態で、なおかつ膝が内側に締まってますよね?
歪まず内側に締めてくれる座り方なんです。
あぐらなども骨盤はまっすぐになりますが開いているのでせっかく
締まろうとしている骨盤を開いてしまう事になりかねません。

その3、セルフチェックしましょう。

お風呂に入る前で良いです。
服を全て脱いだ状態になりますね。
その時に自分の腸骨の一番でっばっている骨を左右同じ指で触って
見ましょう。右手が親指なら左手も親指で。

さて、その左右の指はまっすぐですか?
どちらかが上がっていたりしませんか?
まっすぐだったら骨盤の歪みはそこまでないのでそのまま、
骨盤を締める意識をしましょう。

もし、ここでまっすぐじゃなかった場合は自分で骨盤をまっすぐに
してあげてください。
右が上がっていれば自分で下げてください。

そしてそのまっすぐの体の状態をしっかりと覚えること。
普段から右が上がっていたなら右を下げる意識をする事。

そうすることによって骨盤も正常の位置に戻ってきますからね。

その4、運動して骨盤をしめよう!

まずは簡単なものから。
・足の開閉運動
座った状態で足を前に伸ばします。
息を吐いながらつま先を内側に入れ親指と親指を近づけてください。
この時に骨盤から意識をして骨盤を内側に締めるようにしてみましょう。

・内転筋を鍛える
普段座っている時太ももの内側に意識を向けます。
例えば足の間にタオルを折りたたんで一枚挟む。
そうすることによって内転筋が鍛えられ骨盤も内側にと働いてくれます。

前回ご紹介した、橋のポーズでも
同じくタオルを1枚足の間に挟むと良いですね。

橋のポーズ解説記事はこちら

・中殿筋を鍛える
四つん這いになります。
その状態から息を吐きながら右足を膝を曲げたまま横から上に
持ち上げてみてください。
この時に骨盤も上がらない様にしましょう。
骨盤は動かさず足だけUP。
吸いながら戻します。
だんだん慣れてきたら、UPした足を斜め後ろに伸ばしてみましょう。
そうすることによってお尻の奥の筋肉、中殿筋が鍛えられます。
中殿筋を鍛えることによって骨盤も内側へ締まる働きがあります。
インナーマッスルなので効果は抜群。
しっかりと内側から骨盤に働きかけてくれますよ。
最低10回左右行ってみてください。

さて、骨盤ベルトから姿勢、運動までご紹介しました。
骨盤が柔らかい時期が産後6ヵ月が勝負と前にお伝えしました。

『今やらなくて、いつやるの!?』

この時期にしっかり骨盤を締めてあげる事が、
産後ダイエットのカギを握っています。

しっかりと締めて、ステキママになりましょう!!

 

関連記事

『産後ダイエット』絶対に痩せるマイナス10キロプログラム(3ヵ月以降)

『産後ダイエット』産前よりもキレイになる為のママに大切な食事。

『産後ダイエット』絶対痩せる半年でマイナス10キロ!プログラム。(2ヵ月まで)

ヨガの効果はいつから実感できる?その期間と頻度

肩こりを解消するためのヨガポーズ5選

子育て中の悩みをズバリ解決!赤ちゃん(授乳編)

子育て中の悩みをズバリ解決!新生児編(泣き止まない時)

ヨガポーズでキレイな姿勢に

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村



産後ダイエットには骨盤を締めることが必須。” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です