床生活の子どもの為に、牛乳パックで節約手づくり椅子を作成。

我が家はこたつ生活。
ご飯の時は基本正座です。

でも、子供たちにはこたつは少し高い。

基本的に、家具って大人の高さに合わせてあるので

まぁ、当たり前なのですが、子どもたちは考えなくてはと、
7歳のわんぱく坊主には少し厚めのクッションを購入。

5歳の娘っ子は最初は子供用の椅子を使っていたのですが、

背が伸びてこたつの天板に膝が当たる。

なんとか無理をして子供椅子で頑張ってもらってたのですが、
わんぱく坊主が椅子の上でジャンプ…

座るところがパカンと真っ二つに割れてしまいました(涙)

なので更に厚めのクッションを購入したのですが、
食事中には最終的にヤンキー座りになっている娘っ子。

座ってるつもりがいつの間にやらクッションがお尻の下に

いない状態です。

こりゃ食事のマナーとして全然ダメ!!

と言う事で、
牛乳パックで子供用の椅子を作ることに。

とりあえず、切らずに牛乳パックを8個集めました。

スポンサーリンク



そしてその牛乳パックに新聞紙を一つずつ詰め詰め。

これは子供たちも楽しみながら出来ました。
わんぱく坊主は途中で飽きてしまいましが…

この時にしっかりと新聞紙を入れた方がいいと言う事で、
最後は仕上げに母が詰め詰め。

ただ詰めすぎると、牛乳パックが膨らんでしまうので、

それは逆に繋ぐときに大変になってしまうので、

詰めるのは適量、詰めすぎず、少なすぎずちょうどいい感じに

しなくてはなりません。

それをガムテープで止めて座る部分4つ、背もたれの部分4つに
分けました。
ここからはネットを参考にせず適当(笑)

基本適当で出来ている母です。

とりあえず2つずつガムテープで止めて、そこから
4つ止める。

なんとは4つずつの牛乳パックが2つ出来ました。

それから背もたれ部分と座る部分とガムテープでぐるぐる巻き。

でもそれじゃあ味気ないので、余っていた布を、
ボンドで貼り貼り。

娘っ子が選んだ布だったので、
完成したら大喜び♡

喜んで座ってくれています。

まだ少し机の方が高いけど、椅子を買いたくないなぁとか、
そこは節約したい!!
と思ったら実践しみてください。

牛乳パックさえ集めてしまえば簡単に出来ますよ。

作成にかかった時間30分程度でした。
私もですがぶきっちょさんでも簡単です。

お試しあれ。

なにせ牛乳パックは万能です。

子どものおもちゃも作れるし、椅子も作れるし。

最後に手づくりの好きなわんぱく坊主は、
「僕のは?」
とご飯以外の時に娘っ子の椅子に座っております(笑)

子供用椅子に引き続き壊れるのは時間の問題ですが…

またすぐ作れるしと思う母なのです。
スポンサーリンク






にほんブログ村


【関連記事】

娘っ子の耳は変換器

GW子供とお出かけ情報10選2018年(東海版)

息子と母の戦闘態勢。

強気な母。そして娘の父親の存在って…

わんぱく坊主との毎日の闘い。

子たちの進級への不安…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です