子育てに悩む時、励ましてくれる佐々木正美先生の本達

先日NHKを見ていて紹介されたのですが、
児童精神科医の佐々木正美さんが残された本

 

 

 

子どもの心の育てかた [ 佐々木 正美 ]

価格:1,404円
(2018/7/8 22:56時点)
感想(1件)

「子どもの心の育て方」

 

 

 

私自身、基本的には子育て本などは読まずにここまで、
子育てをしてきました。

 

 

 

なぜならその本でそれぞれ言っていることが違うから。

 

 

 

それを全て真に受けていたらいったいどうやって
子育てをして良いかわからなくなりそうな自分もいました。

 

 

 

ですが今回この本が特集され、
その内容が、子供をこう育てなさいと書かれている訳ではなく、

悩んでいる親を励ますような口調で、文が書かれています。
そしてなりよりも根本にあるのが子供を
沢山愛してあげる事。

 

 

 

その親の愛情が子どもをいい子にします。
と前書きに記載されておりました。

 

 

 

そして私の胸に刺さった言葉。

 

「いい子」とは大人にとって「都合のいい子」の事です。
いい子だからかわいがるのではなく、
かわいがるから本当のいい子なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはまた佐々木さんの別の本なのですが、

「育てにくい子」と感じたときに読む本 [ 佐々木正美 ]

価格:1,404円
(2018/7/8 22:57時点)
感想(36件)

 

 

 

 

 

「育てにくい子と感じた時に読む本」

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらで紹介されていたのが、

 

手のかからない子がいい子なんて
そんなのは大きな間違いですよ。
人生のどこかで、
親は子供に手をかける必要があるんです。
小さいころに手をかけさせてくれる子が
本当はいい子なんです。

 

 

スポンサーリンク



この先生の本は子供を否定しません。
もちろん親も否定しません。

 

それが当たり前なんだよ、
大丈夫だよと背中を押される気持ちになります。

 

他にも、

 

子どもへのまなざし

はじまりかは愛着から

子育て百科

抱きしめよう、わが子のぜんぶ

あなたは人生に感謝が出来ますか?

ちゃんと伝わる言葉がけ

ひとり親でも子どもは健全に育ちます

かわいがり子育て

ママの心がふわりと軽くなる子育てサプリ

 

 

などなど、小さい子供から思春期の子供まで沢山の本を出版しております。

 

 

この佐々木正美先生は児童精神科医として活躍した先生で、
自閉症を持つ人々の為に支援プログラムを米国から日本に紹介したり、
子どもの発達について保育園・幼稚園等の現場でも勉強会を
行い、子どもと常に向き合ってきた先生でした。

 

 

2017年に81歳で死去。

ですが先生の本はいつまでも必死に子育てをする
お母さんたちの心を癒してくれるでしょう。

 

私もこの本に救われる一人になりそうです。
スポンサーリンク







にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です