娘っ子の耳は変換器

最近全く母の話が右から左のわんぱく坊主と、娘っ子。

何故かというと、わんぱく坊主はDSに夢中。
そして娘っ子が羨むもんだから、
泣く泣く昔使っていたアイフォンを出してあげました。

そしたら全く時間を決めても無制限。
どんだけ叱ってもなかなか効果が現れず…

只今ゲームなどの電子機器と子供たちの付き合い方を、
力ずくでなんとかしようと思っているのであります。

現代の子供たちの大きな問題でもありますが、

まんまと私もそれに陥ってるのであります。

 

 

そして、そんなん時には私が

子供達にどんなに話をしても、なんの反応も返してくれない2人。

試行錯誤の上たどり着いたのが、

聞き返す事。


「○〇と△△はやったのー?」
と質問するとします。

「………」

案の定返事がないので、
「さて、今なんていったでしょう?」

と聞き返すのです。

わんぱく坊主はだいたい聞いていて言ったとおりの事を
返してくれます。

一応聞いてはいるものの、
これもどうなのかと思っていて、返事を強要しております。

そして娘っ子に関しては、
予想外の返答が返ってくるのです。

スポンサーリンク



そしてとある日、
娘っ子と一緒にお風呂に入っていて、
母の靴の話になりました。

この時はマンツーマンなのでしっかりとお互いの

話が聞ける状況ですよ。

 

娘っ子
「ママは沢山靴を持っているからもう買わない!」
と何故か説教を受けておりました。

 

 

そこで思い出したのが、
昔漫画の【花より団子】で読んだ牧野つくしと藤堂静が初めて出会った

時のシーンの言葉が舞い降りてきたので、

「ステキな靴を履いてると、その靴がステキな場所に連れて
ってくれるらしいよ?」

 

 

そしたら
娘っ子
「そうか!靴を大事にすればいいんだね!」

 

 

 

???
話がかみ合いません…
なのでママは今なんていったでしょう?
と聞いてみると、
「靴を大事にしたら、靴がステキな場所に行ってしまう」

どうしたらそうなったのか…

 

なのでもう一度、
「ステキな靴を履いてると、その靴がステキな場所に連れて
ってくれるらしいよ?」
と伝えてみたら、

今度は目をキラキラ輝かせて、
「ホントに!?」
って。

 

 

何故一回で通じない!!

今まで何度も娘っ子と話がかみ合わないとは思って
いましたがどうなって、話が変換されるのか謎です。

 

そして最後の最後に
「ステキな場所って何?」

なぜあんなにキラキラしたのだ…

 

5歳になってもまだ謎に包まれているような娘っ子。

どんな成長を見せてくれるのか。
今後が楽しみです。

スポンサーリンク







にほんブログ村

関連記事

ネガティブは負を呼ぶ。わんぱく坊主の話。

息子と母の戦闘態勢。

わんぱく坊主との毎日の闘い。

強気な母。そして娘の父親の存在って…

子たちの進級への不安…

インフルエンザの猛威&…

娘っ子の耳は変換器” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です