インフルエンザの種類とその特徴

インフルエンザには3種類あります。
A型、B型、C型とあり、
症状はそれぞれ違ってきます。

・A型インフルエンザ
潜伏期間は1~3日
インフルエンザウイルスの増殖力は強く3種類のうち
一番症状がひどくなってしまいます。

症状は高熱、38℃以上の高熱が出ます。
倦怠感、筋肉痛や関節痛、頭痛などを引き起こします。

高熱、体の痛みなど激しい症状が出るのは発症から3日程度
続きます。その後完治するまで1種間程度かかるので
熱が下がったからと言って無理をしてしまうと更なる
感染者を出してしまいますので、しっかりと療養をお勧めします。

治療方法としては、インフルエンザと病院で
判明したら抗インフルエンザ薬が出されると思われます。
タミフル・イナビルなど。
抗インフルエンザ薬を服用し安静にする事です。
そしてしっかりと水分補給をしてください。

このA型は人だけでなく、鳥や豚にも感染するウイルスです。
そして流行と共に進化し続けているので、
一度感染し、免疫がついても進化しているので、
何度も感染してしまう非常に強いウイルスです。

・B型インフルエンザ
B型はA型の流行が終わったぐらいに流行する事が多い
インフルエンザウイルスです。

症状は基本的にはA型と変わらないのですが、下痢、嘔吐などの
症状が出ることがあります。
そして熱が上がらない事もあり胃腸風邪と似た症状にもなります。

B型の治療法はA型と同じく抗インフルエンザ薬です。
ですがタミフルやイナビルではなくリレンザが有効だと言う
話もあります。

そして完治するまではA型と同じく1週間程度。
A型と同じく完治するまで抗インフルエンザ薬を服用し
水分補給し安静にする事です。
ただB型の場合は吐き気などの症状もある為
水分補給が難しい場合は、少量ずつで良いので
回数を増やし摂取しましょう。

・C型インフルエンザ
C型の特徴は1度感染してしまうと免疫が付きます。
なので子供の感染率が高いインフルエンザです。
大人になっても感染する場合もありますが、
軽い症状で済んでしまうので風邪と勘違いすることも多いようです。

症状は微熱、鼻水、鼻づまりといった風邪の症状と
変わりません。

そして高熱が出ませんので、医療機関でインフルエンザ
の検査をまずすることがないので、インフルエンザと気づかない事
がほとんどです。

なのでA、Bのインフルエンザが主流になってきます。
ただC型でも2歳以下の子供は重篤化することがありますので
子どもの変化に注意する必要があります。

なにより薬の服用と、水分補給、そしてしっかりと療養する事が
とても大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です