インフルエンザの潜伏期間とうつる可能性

冬になると感染してしまう恐怖があるインフルエンザ。
実際に感染者との接触があるといろいろな不安が
出てきてしまいます。

では、そのインフルエンザのうつる可能性について
考えてみましょう。

インフルエンザウイルスの潜伏期間はたったの
1~2日です。非常に短いんですね。なのでインフルエンザの
人に接触したとしても3日を過ぎれば、安心です。

ただ感染してしまうと発症後1週間持続します。
その症状は皆さんも知っている通り、
・高熱
・強い悪寒
・鼻腔、喉の痛み
・関節の痛み
冬になり高熱が冬になると病院ではインフルエンザの検査をしてくれる
ので、一度受診をして頂きたいです。

それが拡大させる事を防止する対策となりますね。
学級閉鎖などもこれを防ぐための予防になります。

そしてここがなによりも怖いのがインフルエンザウイルスは、
発症1日前から感染力を持っているそうです。

と言う事は、自分自身がインフルエンザウイルスに感染して
いるのが分からない状態で、人にうつしてしまうと
言う事です。

そしてそんな方と接触していったいどれぐらい、
うつってしまう可能性があるのか。

インフルエンザウイルスは飛沫感染です。
飛沫感染とは、くしゃみや咳、鼻水などから
ウイルスがうつります。
インフルエンザを予防するには外出時のマスクと
帰ってきてから、そして食前のうがい手洗いが効果が
あります。

接触してもインフルエンザにならない様に
普段からしっかり予防することが一番ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です