わんぱく坊主の多動性の気配

実はうちのわんぱく坊主、保育園時代から担任の先生に多動性、

ADHDの可能性があると言われ続けてきました。

ADHDとは今になってからはよく聞く言葉になりますが、

色々な症状があります。

不注意、多動、衝動性、など症状は色々あります。

よく世間で耳にするのが、授業中席に座ってられず、

教室内をうろうろ歩きまわると聞きますが他にも色々あって、

・集中力が続かない

・落ち着きがない

・考える前に行動してしまう

こどもによって症状は違います。

うちのわんぱく坊主に関しては

・人の話を最後まで聞けず、一方的にしゃべる

・集中しすぎて周りが見えなくなる、声をかけても聞こえていない

・執着心がすごい

・一番にこだわる

こんな感じです。

まだ病院に行って診断されたわけではありませんが、小学校に入学してから

日々これが酷くなる状態。

まぁ、まだ1年生、診断も難しいと思います。

このADHDは診断が難しいようで、

まだ1年生では判断出来ない様…

そして当本人、学校や児童クラブでも人づきあいが上手にできず、

一時、学校に行きたくない、児童クラブ辞めたい。

と訴えていました。

そんなこんなもあり、なんとか在宅で仕事ができないものかと、きらの

考えも強くなる一方です。

あ、でもこのADHDを悪いものとは考えてませんよ!

逆にとれば天才肌。

今の集団教育にはあまりなじめませんが、

本人の好きなものを見つける事さえできれば最強なんだときらは思っております。

ただの親ばかと言われればそれまでですが、

とにかく才能だと思うのです。

それに寄り添って考える力をこのわんぱく坊主の手助けになっていきたいのです。

 

そして考える…

一体どうしたら家で生活出来るお金を稼ぎ、

子どもと寄り添えるのか。

 

そこで思いついたのが、

自宅サロンを開きたい!!!!!

でした。

ヨガで少し覚えたマッサージ、

一応、タイ古式をベースにしたマッサージ。

これはきらのヨガの師匠がタイから持ち帰ってきたマッサージでしたが、

自分としては結構アバウトで心配。

ってことでタイ古式を習いに行こうと決意!!

わんぱく坊主の多動性の気配” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です