【チコちゃんに叱られる!#3】4/27放送、ゲストは若槻千夏さんと島崎和歌子さん。ネタバレ情報

今週のチコちゃんも絶好調です。
ナイナイの岡村さんは毎週のように今回もタジタジに。
そしてゲストの若槻千夏さんは突っ込まれすぎて、赤面。
その真逆に同じくゲストの島崎和歌子さんは、
必死に食い下がるものの…

今回の放送内容もしっかりネタバレしていきますよ!


目次
・放送時間
・MC紹介/ゲスト紹介
・4/27のネタバレ


放送日
総合/毎週金曜 午後7時57分~
再放送/毎週土曜 午前8時15分~


MC紹介/ゲスト紹介

MC  :チコちゃん(声:木村 祐一)

       岡村 隆史

                   塚原 愛(リポーター)

ゲスト  :若槻 千夏

                  島崎 和歌子


チコちゃんの、
「今日は誰からいこうかな~」
「みんな私が聞く事は、答えられて当然だよね~」

から始まった第3弾。

この中で春から新生活を始めて
キラキラしている大人ってだーれ?

これにはNHK初レギュラーをもらった岡村さんが答えます。

Q、なぜ年度は4月始まり?

岡村さんは春夏秋冬、春から始まるから4月なのではと答えました。

チコちゃんに怒られ、
「チコちゃん、なんでも始まりはあったかい時から
始めたほうがいいんちゃう?」と言ってました。

A、スクープ!大蔵省のトップがインチキしたから。

チコちゃんは思い切ったことをいっちゃうなぁ。
と答えてくれるのは、
東京理科大学、理工学部教授、柏崎敏義教授。

 

 

日本で西暦を採用したのが明治6年。
この時は国の会計もは1月スタートの12月締めでした。

 

 

その後税収の為に変更もありました。

 

 

そして明治17年に富国強兵の為、軍事費が膨らみ、
ピンチに!
それをどうにかしたのが、
第6代大蔵卿、松方 正義。
日本銀行を創設し、のち内閣総理大臣にもなった人です。

 

 

国の赤字を解消しようとし、会計年度の改定を行ったのです。
この時の始まりは7月スタート、
明治17年は3か月分の赤字でした。

 

なので明治18年分の予算を前に繰り越し赤字では無くす。
これを繰り返していたのですが、
このまま繰り越しを続けていてはいかないと思った、
松方 正義は、年度を変えてしまいちょろまかそうと
した結果明治19年から4月スタートになりました。

 

年度に対する法制度がなかった時代だからこそできた事ですね。
そしてこの会計年度に合わせ、学校も4月スタートに
なったのです。

 

最後に教授は、
「チコちゃん、年度が始まる4月は
恋が始まる季節ですね」

 

「私はいつ、誰とでも恋をする用意がある」
恋多き5歳です。

 


この中で水着が似合うセクシーな大人ってだーれ?

この質問のに手を上げたのが島崎さん(笑)
でもやはり若槻さんでした。

 

水泳の種目ってどんなのがありますか?
「自由形」「リレー形」???「クロール」
クロールって競技はないわよ。

なんで?

Q、みんなクロールなのに「自由形」なのはなぜ?

若槻さんがトンチンカンな答えを連発。
え?横文字だから?
会話が成り立たない若槻さんにチコちゃんがイラッとします。

 

 

チコちゃん今回はとってもやりにくい(笑)

 

A、「自由形」なのはクロールより速い人類最速の泳ぎ方があるから

詳しく教えてくれるのは、
筑波大学、体育系教授、高木 英樹教授。

 

 

自由形はそもそも平泳ぎから始まりました。
これは息継ぎの概念が無く、顔を水面につけない事普通でした。

 

 

その後、1896年、アテネオリンピック後に背泳ぎが登場しました。
これも息継ぎをしなくて良く、平泳ぎより早く泳げる事で、
平泳ぎよりも早く泳げるのです。

 

 

ただこの平泳ぎを水泳委員会はよく思わなった様です。
水しぶきを飛ばしながら泳ぐのは紳士的ではないと考えたのです。

 

 

そこで、
「自由形から背泳ぎを独立させよう」と考えたのです。

 

 

ところが1900年、パリオリンピック後に、
息継ぎをするクロールが誕生し、
速く泳げることもあり自由形では
クロールが主流になっていきました。

 

 

ですがここでも、水泳委員会が、
「平泳ぎの伝統を守りたい」と、
今度は自由形から平泳ぎを独立させようと思い、
1904年のセントルイスオリンピックで、
平泳ぎ、自由形、背泳ぎ、と独立させました。

 

 

ここで自由形=クロールが当たり前になっていきました。

 

 

そして2000年、シドニーオリンピックで

自由形の歴史に革命が起こりました。

オーストラリア代表のマイケル・クリム選手が、
ラスト10mで新泳法を披露。
手はクロールなのに、足はバタフライ。
このドルフィン・クロ―ルと名付けられた泳ぎ方で、
世界記録を更新しました。

 

 

この泳ぎ方は他の泳ぎ方よりも早いのですが、
体力の消耗が激しいので、100mを泳ぐのには向いていないのです。

 

 

チコちゃんはどんな泳ぎ方が好きかな?
と聞かれると、
チコちゃんは、
「チコは、世の中をうまく泳ぎたい」(笑)

スポンサーリンク



だたもうひと悶着あるそうです。
平泳ぎの定義では
・うつ伏せで泳ぐ
・左右の手の動きが対象

バタフライも同じ動きをする。

 

 

と言う事で、
1948年、ロンドン五輪
1952年、ヘルシンキ五輪
では全員バタフライで参加しました。
なので水泳委員会はここでも、
平泳ぎからバタフライを独立させました。

 

 

結論!!
主催者は水しぶきが嫌いってことでまとまりました(笑)

他にも自由形でクロールではない泳ぎ方をした日本人が
いたそうです。
古式泳法「横泳ぎ」

実際に水泳のリオオリンピックの銅メダルを取った松田さんが
挑戦しましたが、素人のディレクターに負けてしまいました。

 

 

松田さんはこれは無謀だとおっしゃってました。

 

 

ただこれが初めてのオリンピックで沢山の泳ぎ方を日本に
伝えることとなり、これまでのメダリストを作った、原点
となっているのです。

 

 

ここでチコちゃん、
「もう、この2人メンドクサイ」
チコちゃん絡み辛いみたいです。

 

 

そこで食い込んでくる島崎さん。

 

 


Q、森の匂いって何の匂い?

島崎さん、
結論、
「今か分の時期だからあんまり森に入りたくない。」

A、森の匂いは殺しの香り

これについて、解説してくださるのが、
森林総合研究所の森林博士、香川 隆英さん。
「森の匂いは、木・草・苔・土の匂いで構成されているが
その成分の中のフィトンチッドでなっている」

 

 

フィトンチッドはロシア語で、
植物が出すと言う意味。
植物を枯らせる有害な微生物からフィトンチッドを出して、
攻撃している。

 

 

なので山を登る人達は毒を吸っているかと思うのですが、
山に存在している微量なフィトンチッドだと、
人間にとっては、ストレスホルモンがの分泌が減り、
リラックスさせてくれる様です。
更にがん細胞やウイルスを撃退してくれる効果もあるようです。

 

 

これも研究結果で出ている様です。

なのでストレス軽減・病気への免疫力UPの効果があります。

「チコちゃんはどんな匂いが好きかな?」

 

 

チコちゃん
「新車のニオイかな?」

 

 

島崎さんからはフィトンチッドが出てるんじゃないと、
チコちゃんが言ってました【殺し屋の香り】(笑)

 

 

今回はチコちゃんはやはり
「今回はとてもやりにくかったです」
と最後に言ってました。

 

 

そしてインタビューではミニチコちゃんが今回初登場。
今後の街頭インタビューに活躍ですね

 

 

次回のゲストはさてさて誰なのでしょうね。

次回も楽しみです。

スポンサーリンク







にほんブログ村


【前回放送】

【チコちゃんに叱られる!#2】4/20放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!】NHKでスタート。4/13放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#3】4/27放送、ゲストは若槻千夏さんと島崎和歌子さん。ネタバレ情報” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です