【チコちゃんに叱られる!#夏休み拡大版】8/17放送、ネタバレ情報

久々のチコちゃんです。
なぜこんなにも放送されなかったのか、ホームページを
確認したらなぜか水曜日に放送されているではありませんか!?

ちょっとショックです…。

見逃してしまった。
ですが今回は拡大版。
ゲストもいつもより一名多いですよ!


目次
・放送時間
・MC紹介/ゲスト紹介
・8/17のネタバレ

 お盆の「盆」ってな~に?

 なんで「虹」は7色なの?

 チコの部屋

 「あす」と「あした」は何が違う?

 なぜ恥ずかしいと顔が赤くなる?

 「じゅうたん」と「カーペット」は何が違う?

 郵便マークはなぜ「〒」?

 演歌って何?

 チコの部屋2

 陽だまりの縁側で…


放送日
総合/毎週金曜 午後7時57分~
再放送/毎週土曜 午前8時15分~


MC紹介/ゲスト紹介

MC  :チコちゃん(声:木村 祐一)

    岡村 隆史

    塚原 愛(リポーター)

ゲスト:浅野 ゆう子

    若槻 千夏

    国分 太一

 


今日は浅野軍団の人達ですと紹介されて

国分さんはTOKIOですと紹介され、
浅野さんは元祖トレンディー女優ゆうこりんです。
では以上のメンバーでお送りしますと
若槻さんは無視(笑)

 

 

 

「イヤイヤイヤイヤ!」

 

 

 

絡みづらいから嫌なのよとチコちゃん、
なるべく絡まない様に避けました。

 

 

 

「ねぇ岡村、
この中で一番季節の行事に詳しい品のある大人ってだーれ?」

 

 

 

やっぱりリーダー浅野さんですね。

 

 

 

 

「じゃあゆうこりん、
この間まであった夏のお休みの期間って
なんていうか知ってる?」

 

 

 

「お盆。」

 

 

それを聞きチコちゃん、

「お盆ね、何それ?」

 

Q、お盆の「盆」ってな~に?

 

ゆうこりん冷静に、
「おぼんって知ってるわよね?丸かったり物乗せるやつ。
そのおぼんからおばさんは来たんじゃないかと
おばさんは思います!」

 

 

 

 

 

「立て板に水の説明ね。
ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

 

冷静に答えましたが怒られました。

 

 

NHKキャスターにも聞いてみましたが答えられません。

 

 

 

 

A、逆さづり

 

 

詳しく教えてくれるのは、今回4回目の登場。
曹洞宗、宝林寺 千葉公慈住職。

 

 

「お盆の盆は【盂蘭盆】という言葉を略したものです。」

 

 

 

 

 

盂蘭盆とは…
お釈迦様の教えを説いたお経。
『仏説 盂蘭盆経』に書かれた物語の事。
インドのヒンドゥー教のサンスクリット語で
ウランバナに漢字を当てはめたものが盂蘭盆。

 

 

 

 

 

そしてウランバナの意味は、
ウル→逆さ
ランバナ→つるされる

 

 

 

 

この内容は日本昔ばなしをパクった、
インド昔ばなしで解説。

 

 

お釈迦様の弟子に目連と言うよくできた僧がおった。
ある時目連は亡くなったおっかぁがどうしているかが
気になり、あの世を覗いてみる事にした。
極楽浄土を覗いてみてもおっかぁの姿は見当たらない。
恐る恐る暗闇を覗いてみた目連。

 

 

 

 

 

すると、
「目連、助けておくれ~」と目連のおっかぁは、
地獄のような場所で逆さづりにされておったそうな。

 

 

 

 

 

するとお釈迦さまは、
「目連よ、母を助けたければ僧侶たちに修行が終わる、
(旧暦)7月15日に沢山の食べ物をお供えして、
お経をよんでもらいなさい。
そしたらお前の母は地獄の苦しみから救われるでしょう。」

 

 

 

 

 

目連はお釈迦様の言う通りにした所、
差し出されたご馳走に僧侶たちはそれはそれは、
ノリノリでお経をよみはじめた。

 

 

 

 

すると逆さづりにされていたおっかぁの足から紐が外れた。
おっかぁはあの世で菩薩となりあの世で幸せに暮らしたそうな。

めでたしめでたし。

 

 

 

 

それ以来旧暦の7月15日を盂蘭盆会とし、ご先祖様を供養する日とした。

 

 

 

これがお盆の始まり。

 

 

 

そして盆踊りとは、
目連の母と一緒に救われた死者たちの喜びの舞だそう。

 

 

 

 

最後に住職から、
「チコちゃん、今年のお盆休みは何して過ごしたのかな?」

 

 

「結局渋滞情報ばっかり見てましたわ」

 

 

そしてこの番組のアナウンサー愛ちゃんに、
「先輩アナ後輩アナのあの姿見てどう思った?」

 

 

 

 

ですがさすが、ちゃんと謙虚に先輩アナに対しても、
答えられないならしょうがない!とおっしゃってました。

 

 

 


「次は誰に聞こうかな~。
ねぇねぇ岡村、
この中で一番空を見上げるのが大好きな
ロマンチックな大人ってだーれ?」

 

 

 

 

「太一君で!!」

 

 

 

チコちゃん、
「太一君ね、そらぶねって曲もあったもんね。
空を見上げたときにたまに見る虹って知ってる?
虹って何色?」

 

 

 

太一君、
「7色」

 

 

Q、なんで「虹」は7色なの?

 

 

「あれだ、
ちょうどいい色なんですよね…
自然界の色が7つしかない。」

 

 

 

 

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

 

 

そして虹の写真を出し何色?と聞かれ、
太一君6色しか分からず…

 

 

 

 

 

それに対し岡村さんが反論。
「虹なんて7色きれいに見えたことないよ。
でも人間てなんか7にしたがる。七人の侍もそうやけど、
昔から7にしたがる」

 

 

A、レミファソラシドレだから

詳しく教えてくれるのは、
東京工業大学、多久和 理実先生。

 

 

 

「そもそも虹が7色だと言い出したのはニュートンなんです。
ニュートンが人生の中で一番最初に取り組んだのが、
光と色についての研究なんです。
大学生だったころの実験のノートが残っています。」

 

 

 

 

ニュートンの実験を再現。
ニュートンの実験以前は、
紫・青・緑・黄・赤の5色。

しかしニュートンはこれに、
紫・藍・青・緑・黄・オレンジ・赤を増やしました。

 

 

 

 

 

ただこれは強引なのでは?
先生は、
「7色に見ようと思えばみる事が出来るかもしれませんが、
実際には連続的に変化しているので、数えるのは難しいかもしれません」

ですがニュートンは権威のあった学問の力を借りて、
虹は7色だと説明したのです。

 

 

 

その学問とは音楽。
当時のヨーロッパで音楽とはとても格式の高い学問。

 

 

 

 

 

ニュートンが虹の説明に使った楽器がリュート。
ギターの原型でもあるこの楽器。

 

 

 

 

このリュートのフレットに合わせて弾いてみると、
【レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・レ】と音が鳴ります。

光の境界線と同じ幅で音階を弾くとこの音だったのです。

 

 

これが自然現象と、音楽との調和です。

 

 

 

 

 

この説明を使いニュートンは虹が7色であると浸透させました。

これを先生に納得しているのか聞いてみると、
「時代の背景を見るとニュートンなりによく考えた理論なのでは。」
と回答。

 

 

 

 

 

最後に先生から、
「先生はそんなニュートンを尊敬しています。
チコちゃんが尊敬している人は誰ですか?」

 

 

 

 

「私はマラドーナかな」

 

 

 

ただ今の現状は変化していて、
高校の教科書には6色と表示している物が多いそうです。

 

 

 

 

岡村さんは、
「私たちは7色を応援しています」と答え、
それにチコちゃんが付け加え、
「絶対に負けられない7色がある」(笑)

 

 

 


チコの部屋

最初に来たのはゆうこりん。
チコちゃんが、
「ゆうこりんはさぁ、女優さんだから、いろんなお話、
物語知ってるでしょ?」

 

 

 

 

「そうですね…」

 

 

 

 

「じゃあチコに、【カチカチ山】のお話して」

「むかしむかしある村にタヌキさんがいました。
タヌキさんは山にしば刈りに行っていました。」

 

 

???

 

 

 

 

チコちゃんすかさず止めます。
「タヌキがしば刈りに行きますか?」

 

 

 

 

ゆうこりん言い直します。
「おじいさんがしば刈りに行って、
おばあさんは川で洗濯…」

 

 

 

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

 

 

 

 

チコちゃんが、
「カチカチ山はね、畑を荒らすタヌキをおじいさんが捕まえたのね。
だけどタヌキはおばあさんを殺して鍋の材料にして
おじいさんに食べさせます。で通りすがりのウサギが
おじいさんにかたきを取ると約束します。
タヌキに火をつけて背中に大やけどを負わせて、ヤケドに
効く薬と言って傷口に唐辛子みそを塗り込みます。
その後タヌキを泥の船に乗せて沖に連れて行きます。
泥の船が崩れてタヌキは溺れ死んで行きましたと。」

 

 

 

 

 

結構恐ろしい話でした。

 

 

 

 

これを聞いてゆうこりん、
「イソップ物語も怖いのあるわよね」

 

 

 

 

なので、
「イソップ物語ですきなのなぁに?」
と聞くと、
「特別好きなのはないですけど…」

 

 

 

 

「ないんかい!!」

 

 


「ねぇねぇ岡村、
この中で一番『あしたはあしたの風が吹く~』的な
自由でステキな大人ってだーれ?」

 

 

 

 

これに即答、若槻さん。
「岡村さんかなぁ、岡村さんじゃない!?」

 

 

 

 

すぐさま岡村さん、
「違う、若槻でいいんじゃない?」

 

 

 

ってことで若槻さん、

愛ちゃんの持っているフリップ読んで。

そこには、

明日

と書いてあります。

 

 

 

 

 

若槻さん、
「あした、あ、みょうにちでもいいよー。
あす!」

 

 

 

Q、「あす」と「あした」は何が違う?

 

若槻さんの回答は、
あした→文章で書くときに使う
あす →しゃべるときに使う

 

 

 

 

そしてチコちゃんが、
ボーっと生きてんじゃ
と言いかけたところで、

 

 

 

「けど!」

 

 

 

ここで若槻節炸裂です。

 

 

 

 

そして更に、
「最初はあすって言ってたんですけど『あした』って言った方が
国語的によかったから教科書が『あした』って定めた。」

 

 

 

 

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」
チコちゃんやっと決めれました。

 

 

 

 

 

 

 

A、あすは「あす」あしたは「あすの朝」

 

詳しく教えてくれるのは、
杏林大学外国語学部教授、金田一秀先生。

 

 

「今は『あす』も『あした』も基本的にはほとんど(意味が)同じです。
昔は違う意味で使われました。」

 

 

 

 

時代はさかのぼり、平安時代中期の随筆。
清少納言の書いた『枕草子』
この作品の中にもあすとあしたが出てきます。

 

 

 

 

原文
あす御物忌なるにこもるべければ
現代語訳
次の日は宮中が物忌で外出を控える日

 

 

 

 

原文
山の端明けしあしたより
現代語訳
山と空の間が明るくなる次の日の朝から

 

 

 

 

 

この様にあすとあしたは使い分けられいたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがみんなが時計を使うようになり、
あすとあしたが曖昧になってしまいました。

 

 

 

時計が無い時代は、
日の出とともに働き、日が暮れると家に帰る。

 

 

 

 

 

日が出て動き出す頃をあした。
日が暮れるころをゆうべと呼び一日の区切りとして使っていました。

 

 

 

 

時計によりこのあしたが重要ではなくなってしまったのです。

 

 

 

 

 

最後に先生から、
「ところでチコちゃん、
あしたの予定はなんですか?」

 

 

 

 

 

 

「『あした』の私に聞いてちょ!」

 

 

 


「ねぇ岡村、
この中で一番すぐに恥ずかしがるピュアな大人ってだーれ?」

 

 

 

 

「俺 意外とシャイボーイ」
と岡村さん。

 

 

 

 

って事で岡村さん。

岡村さんに質問。
「最近なんか恥ずかしいことあった?」

 

 

 

 

 

「最近夜な夜な独身で集まってる食事会のことを、
『独身の人が傷なめあってる会』って言われた。
ちょっと恥ずかしかったなーって」

 

 

 

 

 

 

それを聞いてチコちゃん、
「恥ずかしいとなんか変化あるの?」
と聞かれ、

「顔がちょっと赤くなったりとか…」

 

 

 

 

Q、なぜ恥ずかしいと顔が赤くなる?

「えーーーーっとねぇ、
血がピュッて…」(笑)

 

 

 

 

 

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

 

 

A、相手に恥ずかしい気持ちをわかってもらうため

 

 

詳しく教えてくれるのは、
愛知医科大学 医学部講師、犬飼 洋子先生。

 

 

 

実は「種の起源」で知られているイギリスの自然科学者、
チャールズ・ダーヴィンが、
「人及び動物の表情について」という著書の中で、

ヒトは赤面する唯一の動物であると最初に述べたのはダーヴィン。

 

 

 

 

 

そして先生は、
「精神科医のシュタイン曰く、赤面は、人類が集団生活を
する上で獲得したと言われています。
人間が赤面するのは社会的注目が関係しているのではないでしょうか?」

 

 

 

 

 

社会的注目とは、
・人と会話
・人前でスピーチ
など他人に注目されること

 

 

 

 

 

恥ずかしくて顔を赤らめる→他人が同情する
つまり、
恥ずかしくて顔が赤くなるのは
→これ以上注目しないでのサインなのです。

 

 

 

 

 

 

 

人の顔色をうかがう人間だからこそ備わった機能なのです。

この時に体の中で何が起きているのか。
実験です!!

 

 

 

 

ディレクター2人に協力してもらい、
相手が恥ずかしくなりそうな質問をしていきます。
・顔の皮膚の血流量
・顔の皮膚の表面温度
・脳温
・血圧
・心拍数
を計測していきます。

 

 

 

 

 

武藤ディレクター
顔の皮膚の血流量・表面温度を測るサーモグラフィが
上昇し赤くなり、血圧が下がり、心拍数が上がりました。

 

 

 

 

 

山本ディレクター
武藤ディレクターと同じく、
血圧が下がり、心拍数が上がりました。

 

 

 

 

 

この実験えお経て先生は、
「顔を赤くしている間、
心臓に負担がかかっている事が分かりました。」

 

 

 

 

 

 

どういう事かというと、
顔に血液がたまる

心臓の血液量が減

血圧低

 

 

この状況で、体は血液を体内に送り込もうと心拍数を上げます。

 

 

 

 

 

つまり人間は、
心臓に負担をかけてまで、恥ずかしい気持ちをわかってもらおうと
しているのです。

 

 

 

 

 

最後に先生から、
「チコちゃんが最近恥ずかしくて顔を赤くしたことは何ですか?」

 

 

 

 

 

「カウンターに出された豚汁がもう出来上がったと思って
撮ろうと思ったら『あっまだですよ~』って言って、
七味かけられて『あっ…ごめんなさい』ってなった」

 

 

 

食いしん坊みたいで嫌だったそうです。

 

 

 

スポンサーリンク




「なんと、次の質問は埼玉県の川崎愛美ちゃん5さい、
本当は14さいからいただきました。」(笑)

NEWパターンです。

 

 

 

 

 

 

カーペットとじゅうたんの違いを教えてください。

これにチコちゃんは、絵を見せて答えさせます。

 

 

 

 

 

 

 

でも結果はみんなバラバラ…

 

 

 

 

 

 

Q、「じゅうたん」と「カーペット」は何が違う?

 

これに当てられた若槻さん、
「素材」

 

 

 

 

じゅうたん→高い素材
カーペット→安い素材

 

若槻論です。

 

 

 

 

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

今回はしっかりと一発で決まりましたね。

 

 

 

A、「じゅうたん」は「カーペット」

???
一緒って事?

 

 

 

 

詳しく教えてくれるのは、
日本カーペット工業組合、専務理事、田渕 博さん。

 

 

 

 

「『じゅうたん』を英語で言うと『カーペット』
ですからじゅうたんはカーペットです。」

まさかのこれで終了!!

 

 

 

 

 

 

最後に博さんから、
「チコちゃん答えが短くてごめんね。
以上です。」

 

 

大阪までロケに行ったのにこれで終了でした。

 

 

 

 

 

 

 

チコちゃん、
「とんでもございません、ご苦労様でした。」

 

 

 

 

 

そしてこのVTRはこれだけの為に行くのかって事で、
経費削減としてディレクター1人で行き、
ピンぼけ。ディレクターが歩いている画面があったのですが、
これを撮影したのは、カーペット工業組合の那須さん(笑)

 

 

 

 

 

安く済ませたそうです。

 


「この中で一番筆まめな大人ってだーれ?」

みんなの目線はゆうこりん。

 

 

 

 

なのでゆうこりんに質問。
「郵便マークってどんなだっけ?書いてみて」

 

 

 

ちゃんと書けました。

 

Q、郵便マークはなぜ「〒」?

 

 

「郵便ポストがこんな形。」

「そんな形だっけ?」と聞かれ、

 

 

「これね下が人でね…」

 

 

 

 

 

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

 

叱られました(笑)

 

 

A、ダジャレ

 

詳しく教えてくれるのは、
郵便博物館館長、井上卓朗さん。

 

 

「みなさんが見慣れている〒(郵便マーク)は
初めは今とは全く違うものが使われていたんです。」

 

 

 

 

 

 

郵便の歴史は明治4年、この頃に使われていたのが、
赤い丸に横線が入ったマークでした。

 

 

 

 

 

そしてたぶんこうだったんじゃないか劇場がスタート。
明治20年郵便事業を担う逓信省。
初代逓信大臣は、榎本武揚が務めていました。

 

 

ある日のこと、
逓信省会計局長、山内が郵便マークの変更を提案したのです。

 

 

 

 

 

横浜港での事、山内が郵便マークを海外の人に何かと聞かれ、
「I don’t know.」と答えたことがきっかけに。

 

 

 

 

 

 

マークの由来が分からなかったのです。
井上さんは、
「長い間使われていたが誰も意味がわからないまま使われていた
ということがあり新しいマークを作ろうとなったのです」

榎本大臣は、山内さんに「君が新しいマークを考えなさい」と命じ、

山内さんは当時の職員だった中島さんに、
「君が考えなさい」と命じます。

 

 

 

 

 

中島は逓信省の頭文字のTをとりTはどうかと提案しました。
ただ提案が一つだけでは大臣を納得させれないと考えた
山内は、他の案も考えます。

 

 

 

 

 

そこで見つけたのが船会社の旗。日本の線が書いてあり、
その意味が日本の船というダジャレの入った旗でした。

それを見た中島がTの上にもう一本横棒を入れ、
日本の線で日本。そして逓信のTを重ねたの物。

それを大臣にTと〒を提出した所、すぐに〒マークを採用。

 

 

 

 

 

そこから郵便マークが生まれたのです。

 

 

 

 

 

最後に井上さんから、
「チコちゃんに手紙書くの忘レター。なんてね」

 

 

 

チコちゃんの返し、
「ヤラレター!」

 

 

ただ船会社の旗は意味が違ったそうで、
本当の意味は、
郵便汽船三菱会社と共同運輸会社の2社が合併。
さらなる発展を目指し地球を横断するという決意が込められた旗だそうです。

まさかの勘違いからのダジャレで出来た郵便マークだったんですね。

 

 

 

 


「じゃあねぇ岡村、
この中で一番歌が上手な大人ってだーれ?」

やはりここは国分さんですね。

 

 

 

「正直ね、コーラスしかやってないですから…」

 

 

 

 

でもチコちゃんは聞きます。
「でもたーくんはミュージシャンでしょ?
どんな歌が好き?」

 

 

「やっぱロックですかねぇ。」

 

 

「演歌って知ってるでしょ?」

 

 

 

Q、演歌って何?

 

「こぶしを使うと演歌にになる」

 

 

 

 

でもチコちゃんがこぶしってビブラートと似たような感じよね?

 

 

 

 

 

と言われ、
「演歌とは…日本語しか使わない!」

 

 

 

 

 

ここでまさかの、演歌に合わせて
「ボーっと~生きてんじゃね~よ~♪」
新しい…

 

 

 

A、庶民の口に出せない怨念悲傷を艶なる詩曲に転じて歌うのが艶歌
  by五木寛之

 

 

詳しく教えてくれるのは、
大阪大学大学院 文学研究科 音楽研究室、
輪島 裕介准教授。

 

 

 

「そもそも現在の意味での演歌、
つまり流行歌や歌謡曲の一部として演歌は結構新しい。
昭和40年代に入ってから定着したものなんですね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「それよりも前、
明治末から大正にかけて「演説調の歌」というのが
表れてくるんです。それが演歌のさきがけになったと思います」

 

 

 

 

 

 

 

演説調の歌とは…
自由民権運動の「演説」
が明治後半になると歌にのせる「演説歌」になったそうです。

今でいうラップに似ていますね。

その後は歌謡曲・流行歌により衰退していきます。

ところがおよそ40年後、
ある人がきっかけで再び演歌が脚光を浴びることになるのです。

 

 

 

 

 

 

准教授は、
「現在の意味の『演歌』を発明したのは、五木寛之さんだと
言ってもいいと思います。」

 

 

 

 

作家・五木寛之さん
昭和41年:『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞を受賞
昭和51年:『青春の門』で吉川英治文学賞を受賞
平成10年:『大河の一滴』で新風賞を受賞
平成22年:『親鸞』で毎日出版文学賞を受賞
多くのベストセラーを出した作家さんです。

 

 

その中に小説『艶歌』という作品があり、
音楽業界のベテランと若手プロデューサーが互いの進退を
かけて対立する物語なのですが、
その中にある一文が演歌を広めるきっかけになったそうです。

 

 

 

 

 

『艶歌とは庶民の口に出せない怨念悲傷を、艶なる詩曲
に転じて歌う。』

 

 

 

 

 

 

 

「それまで『流行歌』や『歌謡曲』の中から演歌が誕生。」

今まで歌謡曲にすべて含まれていたのですが、
五木さんがこの一文を発表後、歌謡曲の中から、
恨みや嫉妬などを艶っぽく歌うものを演歌と区別される様になったのです。

これぞ演歌とよばれたのが昭和45年に藤圭子さんが歌った
『圭子の夢は夜ひらく』
自身の不幸な生い立ちを歌ったこの歌は、
音楽チャート10週連続1位を獲得しました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、演歌という感じになったのは、
艶は新聞では使えない漢字だったため、自然と演と言う字があてられたそう。

 

 

 

 

最後に准教授から、
「チコちゃんが口に出せない怨念悲傷はなんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

「すいません
なんでもしゃべっちゃってます!」(笑)

チコちゃんは抑えられないそう。

 

 

 

 

 

そして五木さんになぜ小説『艶歌』を書いたのか聞いたところ…
戦後は海外の曲が入ってきて日本の歌がかっこ悪いと日陰に。
「日本の歌謡曲はバカにできない」と思いで書いたそうです。

 

 

 

 

 


チコの部屋2

ゆうこりんの次はたーくんです。

「たーくんさ、世の中には全然話のかみ合わない人っているじゃない?
最近そんなのあった?」

たーくんはマネジャーさんと最近会ったそうで、

「明日何時入り?」と聞いたところ、
マネージャーさんサンルーフを開け始めたことがあったらしいです。

 

 

 

 

 

とんちんかんな事。
ってことでチコちゃん、
「とんちんかんってなーに?」

3人がいたんじゃない?
とたーちゃん。

怒られます。

 

 

 

 

 

とんちんかんとは…
加治屋さんが交互に鉄を打つ音がズレて響くことから、
見事な違いを受け答えすると言う意味になったのです。

 


陽だまりの縁側で…

今回は祝辞みたいな巻物みたいなお便り。
そして筆ペンです!さらに達筆。

 

 

 

山田司郎さん5歳からのお便り(笑)

 

 

 

 

 

お便りにはチコちゃんが好きという事が書かれていて、
私も5歳です…
があれから78年経ちました。

なんと83歳です(笑)

果たし状かと思いきやお褒めのお言葉のお便りでした。

 

 

 

 

 

まだまだお便りお待ちしているそうです。

スポンサーリンク







にほんブログ村


【前回の放送】

【チコちゃんに叱られる!#16】7/28放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#15】7/20放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#14】7/13放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#12】6/30放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#11】6/22放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#10】6/16放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#9】6/9放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#8】6/1放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#6】5/18放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#5】5/11放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#4】5/4放送、ネタバレ情報。いきなりスペシャルです!

【チコちゃんに叱られる!#3】4/27放送、ゲストは若槻千夏さんと島崎和歌子さん。ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#2】4/20放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!】NHKでスタート。4/13放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#夏休み拡大版】8/17放送、ネタバレ情報” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です