【チコちゃんに叱られる!】10/5放送、ネタバレ情報『高いところでムズムズするのはなぜ?』他

目次
・放送時間
・MC紹介/ゲスト紹介
・10/5のネタバレ

 なんで高い場所で体がゾワゾワするの?

 なんでおそば屋さんにカツ丼があるの?

 なんで学校でウサギを飼うの?

 陽だまりの縁側で…


放送日
総合/毎週金曜 午後7時57分~
再放送/毎週土曜 午前8時15分~


MC紹介/ゲスト紹介

MC   :チコちゃん(声:木村 祐一)

     岡村 隆史

     塚原 愛(リポーター)

ゲスト :鈴木 紗理奈

     カンニング竹山


世界的大女優のサリナ・スズキ
そしてもう一人は中途半端一重メガネでございますと
チコちゃんが紹介しました。

 

「じゃあ岡村、
この中で強そうに見えて怖がりな大人ってだーれ?」

視線は一重メガネに一直線(笑)

 

「竹山はさ、よくキレるけどさ、あれは芸としてさ、
本当は怖がりなの?」

 

「何が怖いの?」

 

竹山さん
「ジェットコースターとか高いとこも苦手だから
バンジージャンプとかは絶対NG」

 

チコちゃん
「高い場所だと体はどんな感じになるの?」

 

竹山さん、骨盤周りを指して
「この辺がゾワゾワする」

Q、なんで高い場所で体がゾワゾワするの?

 

「地面に足がついてないから安定がない」

「それで?」

 

「下との距離がだいぶあるから…三半規管?」

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

A、トイレに行く波、行かない波が同時に押し寄せるから

詳しく教えてくれるのは、
九州大学大学院、講師、医学研究院心身医学、吉原一文さん。
「高所の恐怖に反応して体が無意識の反応がせめぎ合う可能性がある。」

 

人は高い所にのぼると同時に二つの指令が出るそう。
指令A→逃げろ〈筋肉に力を集中させる必要がる〉なので肛門がきゅっと締まるのです。
指令B→動くな〈筋肉をゆるめる〉逆に肛門括約筋が開きます。

 

このせめぎ合いがムズムズ感の正体なのです。

 

ただ高い場所で作業している方にお話を伺うと、
ムズムズ感もなければトイレに行きたくもならないとおっしゃってます。

「トイレをする状況じゃないということで肛門括約筋が締まっている」

 

高い場所で作業している皆さんはこのせめぎ合いが無く仕事に
集中している為、動くなという指令が無いので肛門筋が締まっている状態なのです。

 

あくまで高いところに慣れている人達だからですね。

 

最後に吉原さんから、
「チコちゃん、今までで一番震えた瞬間はなに?」

 

「いやもうVTRでちびっちゃってるし」(笑)
「怖すぎ!!」

 

このムズムズのメカニズムにはまだ解明されていない部分が
多く諸説あるそうです。

 


「ねぇ岡村、
今日のセットに同化してるで」
黄色のセットに黄色のTシャツを着ている岡村さん。

 

岡村さんはチコちゃんがかわいらしいと言われているので、
かわいらしい格好でこの番組に挑んでるそうです。

 

「じゃあねぇ、岡村
この中で日本料理が大好きなすてきな大人ってだーれ?」

 

岡村さんが手を上げ、
「私、お刺身大好き人間」

チコちゃんは、
「和食って言うとおそばとか食べに行くでしょ?
おそば屋さんで頼むものは?」

 

「せいろ」

 

「他は?」

 

「板わさ」

 

「ガチッと食べたいときは?」

 

「親子丼とか?カツ丼」

Q、なんでおそば屋さんにカツ丼があるの?

 

これに岡村さん、
「もともとカツ丼屋さんやねん!」

 

チコちゃんもビックリな回答。

 

「違う違う、おそばを作る過程で、カツ丼を作ることが、
難しいことではないのよ。」

 

チコちゃん、
「なにそれ?」
とあきれたご様子。

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

A、そもそもおそば屋さんが作ったから

詳しく教えてくれるのは、
江戸ソバリエ倶楽部、研究者、前島 敏正さん。
ちなみに先生おすすめのおそばの食べ方は、
おそばに直接わさびをのせて食べるそうです。

 

「カツ丼はそば屋から生まれました。早稲田大学の前にある
老舗のそば屋が、カツ丼の元祖です。」

 

今も営業しているおそば屋さんで、
江戸時代(1860年頃)創業。
早稲田大学卒業の大隈重信もこよなく愛したそうです。

 

ここのカツ丼はたまごでとじただけのシンプルな一品。
5代目店主はこだわりは特にないそうです(笑)

更に、レジの横には、
〈当店のカツ丼はこだわりのカツ丼ではありません。
普通のそば屋のカツ丼です〉
と書かれています。
店主は、
「ここのカツ丼のこだわりを聞かれるのでいちいち答えるのが面倒で」
との事。

 

味見もしない、店主(笑)

 

では誰がカツ丼を作ったのか。

100年前、当時の初代店主、加藤朝治郎が1918年に作りました。

 

ここで、
NHKたぶんこうだったんじゃないか劇場
限りなく透明に近いブラウン
~カツ丼誕生秘話~

 

時は大正時代。
お店はお昼時は早稲田大学の前ということもあり、
学生たちで大繁盛。
いっぽう夜になると、宴会客でにぎわっていました。

 

みんなのお目当てはそばではなくトンカツ。
当時はめったに口にできないぜいたく品だったそうです。

仕出し屋さんのとんかつで大人気になっていました。

 

そんなある日のこと。
宴会の予定がお客さんが中止にしてくれとキャンセルになってしまいました。

 

とんかつを急いで仕出し屋さんにキャンセルをお願いしましたが、
時すでに遅し。
とんかつは大量に届いていました。
高価なとんかつを捨ててしまうにはあまりにももったいない。

 

どうしようか途方に暮れていた店主に、
ある常連客が、
「たまご丼みたいに煮たら柔らかくなるんじゃないの?
お宅の丼ものだし汁うまいんだよ」

そのだし汁はそばには欠かせないそばつゆでした。

店主は思い切ってそばつゆにとんかつを入れ、卵でとじてみました。

 

これが絶品。

 

これがおそば屋さんでカツ丼が誕生した瞬間です。

お客さんの提案で生まれた奇跡の味、カツ丼です。

 

先生は、
「そばつゆを使っているカツ丼のうまみを引き出しています」

 

カツオ出汁が和風の旨みを出し日本人の好みの味に仕上がったのです。
また大量に作るそばつゆを有効活用できるとあっておそば屋さんに
カツ丼は全国に広まりました。

 

最後に先生から、
「チコちゃんのおそば屋での楽しみはなに?」

 

「私はね、演芸場の近くのそば屋に行って、
はなし家がしっかりそばすすってるか見るのが楽しみ。」
確かにはなし家さんが食べているのは見てみたいですね。

 

そして余談ですが、
カツ丼同様、ソースカツ丼も、
大正時代に早稲田にある食堂で誕生した説が有力だそう。
このソースカツ丼はドイツから帰国した店主が揚げたてのカツを
ソースにくぐらせ白米の上に乗せて食べるスタイルを考案したとされています。

 

スポンサーリンク




「ねぇねぇ岡村、
この中で小学生の子どもがいるステキなお母さんってだーれ?」

 

もう一人しかいませんね。
大女優です。

 

質問の前に、大女優から、
「チコちゃんって5歳でしょ?
私結婚とかして、出産とかして、離婚とかもして人生経験してる訳。
チコちゃん知識はあるかもしれんけどね、私の方が知ってる知識もあると
思うから、だからチコちゃんにもちゃんと教えてあげようと思って今日は来たから。」

 

と上から目線の紗理奈さん(笑)

 

紗理奈さんの息子さんの話に。

 

チコちゃん、
「小学生の息子さんの学校では動物なにか飼ってるの?」

 

紗理奈さん、
「動物何も飼ってない。」

 

チコちゃん、
「じゃあ紗理奈は小学校の時になにか飼ってた?」

 

「学校ではウサギ」


Q、なんで学校でウサギを飼うの?

「かわいいからや。
ウサギってさみしかったら死ぬって言われてる。
そっからほったらかしにしたら女ってすれっからしになるよって。」

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

ウサギは小学校で飼われる動物の第1位なんですって。

 

A、ちょうどいいから

詳しく教えてくれるのは、
日本動物看護学会理事長、獣医師、桜井 富士朗先生。

「ウサギが学校で飼うのに都合が良いのはちょうどいいからです。」

 

先生からフリップで解説。
ウサギの3ない。
①鳴かない→鳴き声が大きいと授業に集中できないから。近隣にも迷惑です。
この訳は、ウサギは「声帯」が発達していないそう。
ウサギは天敵から身を潜めるために声帯が発達していないと言われています。

 

②かまない→子供がけがをしない事。
草食動物ですので葉っぱをかみ切るための歯はありますが、
嫌がることをしなければ噛むことはありません。
学校で大切な命の尊さを学ぶことが出来ます。

 

③昼間、起きない→ウサギは夜行性の動物なので、夜の活動性が高い。
昼間はじっとしている為、えさやり、水、掃除、ゴミ捨てとやることは
いたってシンプル。

そんなウサギの魅力はなんといっても癒やし。

 

ウサギは癒してくれるのは人間以外にも。

 

それは馬。
馬房にウサギを入れて馬の癖を修正するというのは昔は
けっこう多くみられたそうです。

 

馬は本来寂しがりや。
同じ草食動物を入れることによって
精神的リラックスを得られるそうです。
更に馬は小さなウサギに気を配り踏まない様に注意するそうです。
そのおかげで性格も穏やかになるのだとか…

 

最後に先生から、
「チコちゃん、ウサギみたいに夜眠れないときは、
何をして過ごすのかな?」

 

「なんか食べちゃう。」

 

ちなみにちょうどいいと言う言葉は、仏の教えでもあるそうです。
京都の「額縁庭園」が有名な宝泉院では壁にちょうどいいと言う額が
貼られています。
『あなたのその顔、あなたのその背丈あなたの家族、恋人、
仕事、収入、生活全部ちょうどいいと思いなさい』というもの。

 

最後にウサギはちょうどいいと言いましたが、
繊細な生き物ですので、飼い方には気をつけましょうとのことでした。


陽だまりの縁側で…

長野県の堀越美香さん5歳(+48歳)からのお手紙。

 

キョエちゃんの大ファンになってしまったそうで、
チコちゃん、どうか私にキョエちゃんを下さい!!
リンゴ農家の堀越さん、リンゴを狙ってくるカラスを追い払ってほしいそう…。

 

これに岡村さん、
「じゃあプレゼントします!!」
それを止めるチコちゃん(笑)

 

リンゴを狙ってるやつにバカ―って言うお仕事。
これにキョエちゃん、
「行く、行く~」

 

チコちゃんの心配は泊りなのか住み込みなのか(笑)

そして岡村さんは、
「ホンマにキョエちゃんが行って追い払えるのかどうか
試してみたら?」との意見。

 

キョエちゃんは日帰りで江戸川から通うそうです。

 

岡村さん、
「もうちょっと僕にも注目してね」
とちょっと寂しさを出していました。

 

まだまだお便り待ってるそうです。

スポンサーリンク







にほんブログ村


【前回の放送】

【チコちゃんに叱られる!】9/28放送、ネタバレ情報『カラオケで小指がピーンとなるのはなぜ?』他

【チコちゃんに叱られる!】9/21放送、ネタバレ情報『日本の中心ってどこ?』他

【チコちゃんに叱られる!】9/14放送、ネタバレ情報『カスタネットはなぜ赤と青?』他

【チコちゃんに叱られる!】9/1放送、ネタバレ情報『子どもがうんちという言葉が好きなのは?』他

【チコちゃんに叱られる!】8/24放送、ネタバレ情報他

【チコちゃんに叱られる!#夏休み拡大版】8/17放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#16】7/28放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#15】7/20放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#14】7/13放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#12】6/30放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#11】6/22放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#10】6/16放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#9】6/9放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#8】6/1放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#6】5/18放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#5】5/11放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!#4】5/4放送、ネタバレ情報。いきなりスペシャルです!

【チコちゃんに叱られる!#3】4/27放送、ゲストは若槻千夏さんと島崎和歌子さん。ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!】NHKでスタート。4/13放送、ネタバレ情報

【チコちゃんに叱られる!】10/5放送、ネタバレ情報『高いところでムズムズするのはなぜ?』他” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です