「心が折れない子ども」の育て方。とりあえず読んでみた。

心が折れすぎてなんともならないわんぱく息子。

なにか怒られれば、
「僕が悪いんでしょ!僕なんかいなければよかった」
と壁に頭を打ち出す始末…。

もうバッキバキに毎回折れてます。

もういい加減このネガティブを何とかしてやらなくてはと
ずっと思い続け図書館で見つけました。

 

 

 

 

「心が折れない子ども」の育て方 お母さんのひと言が、わが子を救う (単行本・ムック) / 江藤真規/著

価格:1,404円
(2018/11/12 21:30時点)
感想(0件)


『心が折れない子ども』の育て方

お母さんのひと言が、わが子を救う

この本は江藤真規さんと
いうお2人の娘さんがいて、2人とも東大出の、
賢い子育てをしたお母さんの本。

まぁ我が家にはそんなものほど遠いのですが、
でも心は強くなってほしい!!

読んでみた感想は、
まぁ納得な内容。

・自分を信じる気持ち
・自分を受け入れる気持ち
・感謝する気持ち
・自立すること
・自分に責任を持つこと

これが大切なんだそう。

この感情、意思を育てる為にどうすれば良いのかを、
細かく書いてあります。

なにせ親が変わらなければ子どもが変わらないと…。
確かに私、子供達に私の「あれしなさい!」「これしなさい!」
ばっかで彼らの本質には近づいてなかった気がする。

とりあえず実行あるのみ!!

まずは、
子どもが学校や友達とあったことを話してくれません。

そこでこの本によると自分の事もちゃんと話す。

なかなか話してくれない日はこれを実行。
「ママは今日○〇な事があってねー…」
と話すことに。

そうすると自然と、
「僕はねー、今日ね。」
と話してくれる!!

この本すげぇー!!

そして、何よりも自分に価値があると思わせる!!

その為には小さなことでも褒める。
それを探すのに一苦労。

今まで悪いところばかりが目についた私。
いいところ探すのって難しい事に気づきました。

とにかくゲームでもなんでもいいから誉めてみる。

これにはまだまだ時間がかかりそう。
継続してみます。

そして子供はキッチンに入れるべし。

手先を使う事はこどもにとってはとても良いそう。

って事で洗い物。
しかも洗った食器を水洗いするだけなんですが、
これだけでも参加させてみようとしてもらうことに。

そうしたならば、とりあえず褒めれる!そして会話が増えた。
そして私は子供に手伝ってくれてありがとうと感謝する事が
出来る様になりました。

スポンサーリンク



そして一緒に遊ぶ時間を何時までと決めて3人で遊ぶことに。
内容は、UNOだったり、お絵かき勝負だったり。

忙しい忙しいといっていてもどこかで少しでも時間をとる。

そのおかげかわんぱく息子はなんだかベタベタに(笑)

ただ妹に意地悪な部分は多々ありますが、
少しはネガティブがよくなった気がします。

ホントお母さん次第なんだなと、実感。

子どもの嫌!母の原因だってことをつくづく思わされました。

そして昔師匠から言われた言葉がいつまでも頭から離れません。

「お腹の中にいたころのお母さんの感情を子どもは引き継ぐ」

確かにわんぱく息子がお腹にいたころ、
私はとてもネガティブだった気がします。
感情を抑えられなくて大泣きしたこともありました。

あぁ、これが私の分身と言うことなんだなと思ってしまうぐらい。

なんとかそれをチェンジするべく、
今後もしっかりと向き合っていこうと思います。
(心が折れそうになるかもだけど…)

スポンサーリンク






にほんブログ村


<関連記事>

娘っ子の地震の恐怖度。何よりも備えろ!!危ないのは地震だけじゃないんだよー

子供とゲーム、テレビの付き合い方。親はどうしていけばいい?

進級後の子供たちの不安定な毎日

ネガティブは負を呼ぶ。わんぱく坊主の話。

「心が折れない子ども」の育て方。とりあえず読んでみた。” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です